yukari616また、会える日まで

25歳で亡くなった娘と共に歩んだ道

長男の誕生日

昨日、12月10日は娘の5歳上の兄の34回目の誕生日だった。


9ヵ月の早産で未熟児だった息子が、今では立派に成人し家庭を持ち社会人として頑張っている。


娘を亡くす前は、当たり前のことだと思っていたことが、そうではなくて、有り難いことなんだと思うようになった。


感謝する事、こんなにも人が人を思う事…愛を皆に遺していってくれた。


長男と娘は似ている…。顔つき、髪が少し茶色、買い物好き、お洒落、友達が多いetc…


そんなおにいちゃんを、チャラいとか言っていたことがあるな。


でも、きっと、大好きだったんだと思う。長男が帰ってくるときは嬉しそうだったもの。


最期のときが、近づいていて頃、長男が買ってきた温泉まんじゅうをほおばり、「美味しい」と言っていた笑顔を忘れないよ。


家族で、貴女の事を取り立てて話題にすることもなくなってきたけど、みんなの心の中に生きている…。自慢の娘や妹としてね。


今月は、娘が愛してやまなかった愛犬ジルの6歳の誕生日もやってくるね。


みんな、それなりに年を取ったよ。

成長

発表会の衣裳をレンタルするために、生徒の身体のサイズを計った。


娘が亡くなって、3年半。


当時、小学生だった少女も中学生となり、大人の女性に近づいている。


成長期の子供の3年半は、大きなものがある。


私は?鏡を見ると、たるみ、しわが増えている。


ふと、娘が突然現れたら、何て言うだろうな?と、思った。


そんな話を生徒に言った。


みんなの目つきが変わった。久し振りに娘の話題に触れたからだろう。


涙を浮かべる子もいた。


きっと、こんなことを言うだろう。


「みんな、大きくなったね。一生懸命にレッスンしていて偉いね。応援しているから頑張ってね。おかあさんは笑ってね。」


みんなの一生懸命にレッスンしている姿に私は助けられていることを、改めて感じた。


Y先生の様になりたい…そう思い頑張っている生徒たちに感謝の気持ちで一杯だ。


人は二度死ぬ…。一度目は肉体の死、そして、二度目は皆の記憶からなくなったとき。


娘は、生徒一人一人の心の中にずっと生きている…。


ある意味、幸せなことだなぁって思う。


目の前にいる、生徒たちのために、もう少し頑張れそうな気がしている。


見守っていてね。

レッスン

先日のレントゲンで、まだ、完治とは言えないが、良くなっている。


若い人と違い、治りも遅いのだろう。あと、少し、足を引きずりながら頑張らねば。


バレエのレッスンは、バーレッスン、センターレッスンを合わせて1時間半から2時間。


家で過ごす2時間とは、比べ物にならないくらいあっという間だ。


それだけ集中しているのだろう。


やる内容と順番を生徒に伝え、音楽をかけやらせる。そして、注意してまたやらせてから、次の動きに移る。


バーレッスンが8~10種類、センターレッスンが7~9種類。


毎回、内容を少しずつ変化させて、基本に忠実に行う。


バレエのレッスンには、音楽が不可欠だ。バレエ音楽、クラシック、ミュージカルなどジャンルの違う音楽に合わせて、身体を動かしていく。


レッスンをしている時は、特に娘を意識していない。


多分、娘と共に一緒にレッスンをしているのだと思う。


レッスンに入ると、スイッチが入ったように、さらさらと動きが浮かんでくる。


身体は動かなくなっているけど、頭の中は娘が元気だった頃に比べると冴えている。


美しい音楽に乗せて、娘の魂もやってくるような気がする。


週に何回かでも、こういった時間が持てる自分は幸せだ。


大切な人を亡くし、大きな幸せはないと思うが、日常生活のちょっとしたことに幸せを感じる事…。意識すること…。亡き人は、きっと、そばにいてくれる。